ご寄付ご協力のお願い

拝啓 陽春の候、皆様方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、気仙沼市は漁業水産業が町の中心産業です。地元船の他に、かつお船やさんま船、大目流し網船など多くの他県の漁船が入港し水揚げをしていただく事で、気仙沼魚市場も日本有数の港町として、生鮮かつお水揚げ日本一などになっております。

震災の影響で旅の漁師さんたちに愛されてきた『亀の湯』さんが、かさ上げ、区画整理の影響で100年以上にわたる歴史に幕を下ろしました。多くの漁師さんを迎え、お帰りなさいと声をかけ続けてくださった場所です。漁師さんが歩いて行ける範囲に銭湯もない港町で良いのかと、時間をかけて関係機関にもご相談してきました。

漁船の入港は気仙沼の経済にとって水揚げ金額のみならず、市中の仕込み業者、飲食業、遊技場、タクシーなど、入港の有無が経済におよぼす影響は多大にあります。港の活力の低下は、そのまま市の活力の低下につながります。賑わいを失った港では、船も呼び込めなくなってしまい、市場の水揚げ量の減少がさらに港の活力を低下させるという悪循環に陥ってしまうと考えます。

狭い船上で生活を送る漁師さんたちが、くつろげる銭湯を魚市場前に建設し、『帰ってきたくなる港町 気仙沼』にしたいと考え、私たちは一般社団法人 歓迎プロデュースを設立し、魚市場前に『鶴亀の湯』という名前で公衆浴場を作ります。

銭湯の開設資金については、気仙沼市創造的産業復興支援事業の補助金を活用しながらトレーラーハウスで準備するなど、なんとかコストのかからないよう努力をしておりますが、まだまだご支援が必要な状況であり、この度、広く多くの市内事業者様、また市民の皆さまからご寄付お願いする次第です。

何卒、主旨ご賛同いたただき、入港してきた漁師さんを温かく迎える場所を皆様の総意で用意していただけますよう切にお願い申し上げます。

尚、ご寄付いただいた企業名及び個人名は本銭湯の外壁、内壁に銘盤にて掲載させていただきたいと考えております。

※下記振込先の他、CAMPFIREのサイトもご利用いただけます。

CAMPFIRE

振込先情報

気仙沼信用金庫 内の脇支店
普通 0305909
一般社団法人歓迎プロデュース
(シャ)カンゲイプロデュース